取引をする際の心構え

ゆたろうのパーツ情報局 > 口座開設 > 取引をする際の心構え

取引をする際の心構え

2014年10月 2日(木曜日) テーマ:口座開設

外為取引をはじめたばかりの方が市場の勘所を理解するには最初に学習を積む事が重要です。

 

とりわけ、あらかじめ危険性を感づくようになるようになるには失敗を積み上げることも大切です。

 

とは言うものの、ミスをするといっても、持ち直せないほど重大な過ちをしてはいけない。

 

やり直しが効くケアレスミスを何回も体験することが、自分自身の場数を増やす事が出来ます。

 

こう考えるとまず初めは少額で売り買いをしてここでいくつか簡単な失敗をすることをおすすめします。

 

仮に、100万円しか投資する余裕が無い場面ではじめから全部投じてエントリーすると、負けた時、永遠にやり直せない恐れがあります。

 

それより、たとえば資金の1割ずつ分割してトレードを行ない失敗や成功を体験した方がじょじょにミスを埋め合わせる方法なども身についていくはずです。

 

最初に少額で取引する事の有益なところは、自分自身の取引経験を増やし、損を避ける手法を身につけることにあるが、同時に、エントリーの回数を積み重ねて危険を削減できるという利点もあります。

 

想定として、1回だけの取引で勝てる可能性が50%だと考えます。

 

ということは、同じく50%の確率で損失を生む危険性もあるということになります。

 

勝率50%ということは半分の率で儲けられる事を示しています。

 

しかし、全財産を注ぎ込んでただ1回の仕掛けをするということは明確な勝ちか、負けの片方になってしまいます。

 

これはたんにギャンブルと同じです。

 

すなわち、全ての財産を投入して1回のみしか勝負しないとそれだけ負けるリスクが高まってしまいます。

 

それだけに、お金を全て投じるのではなく、少しずつ分けて回数を積み重ねる事がリスク管理となります。

 

そして数回に分けたとしてもすべてにプラスにする事は重要ではありません。

 

はっきり言うと、全部は勝てないのが実際のところです。

 

取引で大切なのは、勝つ回数ではなく、どのように儲けるかである。

 

勝率が2分の1でも、それ以下でも儲ける事は出来ます。

 

5割以上負けても損失が小さければ少ない勝ちのプラスの大きさだけで相当稼げます。

 

そのために必要な事は、損失を小さく、利益を大きくを気をつけておくことです。

 

損したら間髪を入れず損切り注文してそれとは逆にプラスになる場合には上手く儲けることが外国為替証拠金取引初めての方がFX取引で利益を上げる神髄です。

 



関連記事

取引をする際の心構え

取引をする際の心構え

2014年10月 2日(木曜日)

テスト

テスト

2014年9月23日(火曜日)